メイン | 橋本尚子 »

教師のご紹介

《非常勤教師》高岡優貴(たかおか ゆき)

高岡優貴(たかおか ゆき)バレエ団ピッコロ附属バレエ研究所にてクラシックバレエを始める。松崎すみ子を始め、漆原宏樹、篠原聖一に師事。2000年日本ジュニアバレエのオーディションに合格。卒業までの3年間を過ごす。2005年バレエ団ピッコロ入団。以降、全公演にソリストとして参加。また日本バレエ協会公演、松崎すみ子振付「メアリーポピンズ」「ドロシー」「旅芸人」下村由理恵 振付「チャイコフスキー組曲」「ビゼー・シンフォニー」に出演。埼玉舞踊協会公演では自作自演作品「白路」「蜘蛛の糸」を発表。2010年単身渡英。ローランド・プライズ、イアン・ノウェルらに師事。コンテンポラリーダンス、GAGA、フェルデンクライスなどを学ぶ。
帰国後は、フリーランスとしてスタジオアーキタンツを拠点に活動。ペドロ・ゴメス、中村恩恵、小尻健太、アレッシオ・シルヴェストリンなどの前衛的作品に参加し研鑽を積む。また舞台活動の傍ら、ゴールドジム、セントラルウェルネスクラブでバレエ・インストラクターを勤める。