« 前田 薫 | メイン | 平尾麻実 »

教師のご紹介

金子 優(かねこ ゆう)

金子 優(かねこ ゆう)7歳より若尾バレエ学園にてバレエを始める。
その後アサノバレエアートにて浅野正・悦子に師事。2000年スウェーデン王立バレエ学校に留学。アストリード・ストローベル、エリース・エングルンドに師事。2003年同校よりスカラシップを受け卒業。
帰国後は篠原聖一・下村由理恵に師事。下村由理恵バレエアンサンブルに所属し、ソリストとして舞台に出演する傍ら師のアシスタントとして全国各地のスタジオや舞台に出向きダンサーとして、バレエミストレスとして又は教師としての役割を果たす多忙な日々を送る。
日本バレエ協会公演を始め様々な舞台に客演し、ソリストとして舞台に立ち、一流の高い技術を披露する。小柄な身体を活かしたシャープ動きはクラシックバレエ以外の分野でも十分に発揮され、夫、小出顕太郎氏と共に独自の表現を確立し芸域を広げている。