メイン

教師のご紹介

野木スタジオ

小林貫太

小林貫太(こばやし かんた)バレエスクール代表・教師

父・小林恭に師事、14歳よりバレエを始める。
1996年中国国立北京舞踊学院に留学。同学校長・錦栄に師事。
1999年チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。その直後約2ヵ月半に渡って行われた第18次海外公演に参加。ミラノ・スカラ座を始め、ベルリン国立歌劇場、デンマーク王立歌劇場などの舞台を踏む。
近年は日本を代表する振付家の高いレベルの舞台に恵まれ、深沢和子作品「異邦人」「シラヌドベジュラック」「マルガリータ」、篠原聖一作品「ロミオとジュリエット」、江藤勝巳作品「マリーアントワネット」、橋浦勇作品「ヴァチカンの聖杯」、2007年度都民芸術フェスティバル日本バレエ協会公演・篠原聖一振付「ジゼル」ではヒラリオン、2009年度同公演・橋浦勇振付「眠れる森の美女」では長靴を履いた猫、各国の王子を演じた。2010年度同公演メアリー・スキーピング版「ジゼル」ではヒラリオンを、2009年松本道子バレエ団公演「ラ・シルフィード」では魔女マッヂ、2011年「石の花」ではセビリアンを演じ、いずれも高い評価を得る。